トップページ > THE H-STYLE 中尾 弘からのメッセージ
THE H-STYLE


DEELUXEダンパリングシステム 2

ご質問がありましたのでこちらへ!

写真を撮ってみました。

これはフォワードリーンアジャスタシステムとダンパリングシステムを

アッパーシェルとロアシェルを留める長さの違うピンです。

ちなみに長いほうがアッパーシェル側、短い方がロアシェル側です。

写真では右側にピンが挿入され固定したときに抜け出さないようにギザギザに加工が施されてされています。

ピンを抜き出すときの注意点はギザギザ加工がされていない方を押すことですね。

軽くポンチなどのような先が細く硬さのあるものでたたけば少し出てきます。

ギザギザが見えればたたき出す方向はOKです。

後はピンより少し細いもので押し出します。これでピンは抜けます。

実は・・・

押し出すときより挿入するときの方が難しいのです・・・

ロアシェル側は簡単ですが、ダンパリングシステムの場合アッパーシェル側は

シャフトが左右に動かないようにプラスチックのパーツを装着しなければなりません。

通す穴はシェルとパーツの2つの穴、そしてシャフトの穴。

シェル → パーツ → シャフト → パーツ → シェル とピンを通すことになります。

パーツの2つの穴の間にシャフトが入るということです。

この穴を一直線に揃えなければピンは反対側のシェルまで届きません。

まずはこの穴を一直線にするために硬くて細い棒状のものを通して

それをピンを入れながら押し出していけばピンは通りますね。

ブーツ自体の固定が難しく、パーツ交換は簡単ではないかもしれません。

また、シェルやパーツを傷つけたり、破損することも予想されます。

自分も経験ありです・・・・固定していたはずのブーツが動いて金槌で指を叩いてしまったことも何度か・・・

自分はカスタマイズやパーツ交換は基本的にショップにお願いしています。

お伺いできないときにはそのリスクを承知の上、自分の責任においてパーツの交換をしています。

また、スクールがDEELUXEのカスタマイズセンターを併設していることもあり

パーツ交換などの専門知識メーカーから直接指導を受け、出来るようになりました。

破損したり加工の失敗で余分な出費につながることにもなります。

出来れば専門知識豊富なショップにお任せすることをお勧めします。
  • 2007.11.28 Wednesday
  • Q&A
  • 20:10
  • comments(0)
  • trackbacks(0)

  • ↓ご協力をお願いします。1日1回「ポチッ」とクリックして頂けると、ランキングと中尾弘のモチベーションが上がります。
    人気blogランキングへ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


twitterやってます

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    携帯サイトはこちら

    QRコード

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    最近の記事

    最近のコメント一覧

    カテゴリー

    過去の記事

    最近のトラックバック一覧

    「THE H-STYLE」の
    過去記事を検索

    RSS


    |プロフィールブログNews&イベント情報スケジュールプライベートレッスンオンラインショップお世話になっているみなさまトップページへ

    ※当ホームページはボランティアスタッフで運営されています。細心の注意は払っていますが、記載ミスや言葉の足りなさで事実と異なる場合があっても「中尾弘」は一切の責任はおいませんので、あらかじめご了承ください。
    ※このサイトの内容の転載はご遠慮ください。



    Copyright (C) 2007-2009 Nakao-Hiroshi.com All Rights Reserved.