トップページ > THE H-STYLE 中尾 弘からのメッセージ
THE H-STYLE


レーシック体験記 手術日から

いよいよ8月4日の手術日を迎えます。


検査日から4日後。


最速で手術可能な日程を選択しました。

適応検査後、検査結果を受け手術をするかしないか・・・

再度、考える時間が与えられます。


前述したように約2時間の適応検査を受診したからといって手術を受けなければならない

ということではありません。


この適応検査までは相談と検査が無料で受診できます。

詳細内容を知ってから再検討することも可能です。

迷っている方は是非、クリニックの門を叩いてください。



さてさて、手適応検査日から手術まであと4日となりました。

手術日4日前から眼の細菌を殺菌するために点眼薬を1日3回差さなければなりません。

そして前日のアルコールは控えること、睡眠をしっかり取ることを説明されていましたが・・・

遠足に行く前日のような気持ちになってしまいなかなか寝付けません。。。でした。

クリニックに出向いて受付後、すぐにドクターの診断があります。

これから問題なく手術を受けれるかどうかの最終判断となる訳です。

問題なく、パスするとあとは順番を待つのみです。


この時はやはり緊張が・・・ピーク!?とはなりませんが期待と不安が入り混じります。


緊張しすぎて不安な場合はドクターが緊張を和らげる薬を処方してくれるので安心ですよ。

この日は手術日に設定されていて手術される方ばかりが来院しています。


いよいよ名前が呼ばれて手術室へ導かれます。


まずは点眼麻酔を椅子に座って行います。

しばらくすると視覚がボヤっとした感じになってきます。

広い部屋に大きな機械が数台あってサポートスタッフが数人いるようですが

薄暗くなっていることと眼の感覚が鈍っているので良く分かりません。


手術用の椅子に横たわると天井に何故か・・・


ゲゲゲの鬼太郎!?

・・・の・・・

目玉のおやじ!!


の絵が描かれているのが見えます。

なんだかほっこりした気分になります。

しかし、両目は裸眼なのでうっすら見える程度のものです。


手術には2種類の機械を使用して行われます。

横たわった椅子は回転式で回転するとちょうど眼の位置に機械があります。


まずは瞼が閉じたり、瞬きが出来ないようにリングを眼にはめます。

あとはドクターの指示に従って動かないようにじっとしているだけです。

といっても眼は点眼麻酔でほとんど動かすことは出来ないので難しいことではありませんが

身体は何故か硬直しているようでした。


リラックス、リラックス!!


手術中は女性スタッフの方が手を握ってくれているので安心感が得られます。


実際に手術中は??


まず、レーザーを照射する前にフラップを作成します。

簡単に言えば表面の皮を一枚めくる様な感じです。

こちらの機械は眼に当てられるとほとんど真っ暗で何も見えません。。。

機械が静かに動いているだけで痛みも感覚もありません。

眼を動かさないようにするだけで特に気をつけることはないでしょう。

この機械で片目が2分かからないくらいでしょうか?もっと短時間かもしれません。


次はレーザーの照射のため椅子が30度か45度位回転されて隣の機械へ移ります。

レーザーの照射は青いライトが円形状に見えます。

その真ん中に赤いライトが1点見えるのでそこを見ているだけで終了です。

この機械は20秒の照射時間が必要です。


椅子の横たわった後、リングが眼に装着されてから両目の手術が終了するまで10分もかからなかったと思います。

実際にインフォメーションされている手術時間も「10分程度」となっています。


本当にその通りでした!!


驚いたことは片目のレーザー照射が終わった直後、次の眼に移行する時、既に天井のあの・・・


目玉おやじが!!??


はっきり見えるではありませんかっっ!!


思わず心の中で・・・

「なんじゃぁ、こりゃっ!!おいおいマジかよっ!うそだろっ!!」 と心のカで叫んでいました。。。

なんてことを感じていたらあっという間にもう一方の目も終了!!


手術中に喜びと感動で心臓がバクバク、、、ドキドキで心拍数ドアップでした。。。


終了後は薄暗い部屋に移動し、椅子に腰かけて15分から20分ほど眼を落ち着かせます。


そしてドクターの検診があってこれで終了です。


受付で点眼薬と注意事項の書かれた書類を受け取って帰宅の途につきました。

保護用メガネをかけて駅まで向かいますが、太陽の光で街が眩しく、点眼薬のせいで近くに焦点が合いません。

術後の感じ方、見え方には個人差はあるようですが、ほとんど痛みもなく、少しの違和感だけが残っていました。


正直な話・・・

眼がチクチクする感じはありました。。。


一晩だけの我慢です!!

が、テレビも見れない、読書も出来ない、PC画面も見れない・・・

そんな気持ちとは裏腹に特に疲れているわけではなかったのですが

ちょっとした緊張感が続いたせいか、ほっと一息ついたせいかやはり少し疲れました。。。

なので手術当日は早々に帰宅し、夕方2時間ほどベッドに横になって休みました。


髪の毛は洗えない、、、洗顔も出来ない、、、

首から上にはシャワーも出来ないので身体だけ簡単に汗を流して

夜はゆっくり、たっぷり睡眠を取るだけになりました。


もちろん、寝る前には点眼薬を忘れずに!!

そして、翌日の検査に向かうのです。


今日現在、術後55日目です。


1週間、1か月検診とも終了し視力も安定しています。

ただ、ドライアイが続いているので点眼薬は欠かせません。

また、3か月検診を迎える11月まではもう1種類点眼薬を1日3回差す必要があります。

今のところ視力の戻りもなさそうなのでこのまま落ち着きそうです。おそらく。。。

視力の戻りがあっても再手術が無料で受けれるので心配はありません。


レーシック!


迷っているなら受けた方がいいですよ。

大げさかもしれませんが、人生が変わると思います。

視力のいい方には中々理解してもらえない、この辛さ。。。

コンタクトレンズやメガネに煩わしさを感じていない方は辛くはないかもしれませんが。


時間にも余裕が出てくるし、自信が何故か持てるようになりました。

レーシック手術によって世界観まで変化していくかもしれません。


クリニックに行ったときにお子様連れの女性、学生と思われる若い方、

ご年配の方など年齢を問わず多く方が受診されていました。


やはり・・・

もっと早くレーシックをしておけば・・・


と感じたことは言うまでもありません。

視力回復を検討されている方に今回、自分が体感したことが少しでも頭の片隅に残るように。。。

興味のある方はご一報ください。

無期限のご割引きご紹介カードがありますのでお送りいたします。


神戸クリニック
URL 
http://www.kobeclinic.com/


コメント
コメントありがとうございます。

眼科でお働きになられていたのですか、、、

色々な情報をお持ちのことでしょうね。。。

実際にレーシックをした自分としてはトラブルもなかったので問題なし!なのですが。

ご存知のように術例も多いので。

いつか裸眼生活がおくれる事を!
  • 中尾 弘
  • 2010/10/02 8:05 PM
ごぶさたしています。
ますます精力的に活動されていて尊敬するばかりです。

レーシックは。
コンタクトレンズ愛用者の僕も気になっています。

が。
眼科で実際に働いていた経験が。
後ろ髪を引っ張るんですよねぇ。

決断できる男になりたいモノです。
  • 2010/10/01 11:42 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック


twitterやってます

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    携帯サイトはこちら

    QRコード

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    最近の記事

    最近のコメント一覧

    カテゴリー

    過去の記事

    最近のトラックバック一覧

    「THE H-STYLE」の
    過去記事を検索

    RSS


    |プロフィールブログNews&イベント情報スケジュールプライベートレッスンオンラインショップお世話になっているみなさまトップページへ

    ※当ホームページはボランティアスタッフで運営されています。細心の注意は払っていますが、記載ミスや言葉の足りなさで事実と異なる場合があっても「中尾弘」は一切の責任はおいませんので、あらかじめご了承ください。
    ※このサイトの内容の転載はご遠慮ください。



    Copyright (C) 2007-2009 Nakao-Hiroshi.com All Rights Reserved.