トップページ > THE H-STYLE 中尾 弘からのメッセージ
THE H-STYLE


レーシック(3ヶ月)

レーシック後の定期検診に行ってきました。



今日で・・・



え〜っと、、、



何日目だっけ。。。



約3ヶ月!! です。



ということで




神戸クリニックの三宮院へ!
URL http://www.kobeclinic.com/



予約は 10:30 で一番早い時間でした。



結果は・・・



左目 ・・・ 1.5

右目 ・・・ 1.5

両目 ・・・ 1.5


と、優秀な視力スコアでしょうか!?



ちょっと見えすぎかもしれません。。。



先日の夜、自動車の運転中、やたらとはっきりと見える夜の世界。




思わず・・・・




あれっ!?




光も眩しくないし、暗くてもはっきりと、、、



しかもクリアに!!




視力が落ち着き、見え方にも体が??脳が??




慣れてきたせいでしょうか。。。



解像度が格段に上がったような感じです。



コンタクトレンズで視力を矯正している見え方とは違っているような。。。



そう言えば、、、




「視力が落ち着くまでに3ヶ月程度かかると思います。」


と、確かに言われてことを思い出す。。。



本当に快適そのものです。



冬も目の前。



ゲレンデでぶっ飛ばして滑ることが今から楽しみでなりません。



目の人間ドック

明日、10月10日は・・・



目の愛護デー!!




です。。。



自分がレーシックを受けた



神戸クリニック さんでは




URL http://www.kobeclinic.com/eyes-checkup/index.html



10月1日から



目の人間ドック




を無料で行っているようです!!



目に関するトラブルやレーシックについて色々聞くことが出来るチャンスですね!



取材記事掲載!

神戸クリニックホームページ にレーシック体験談が掲載されました!



掲載記事URL http://www.kobeclinic.com/voice/2010/09/post-499.html


また、スタッフブログの


プレミアムニュースにも掲載されました!



ブログURL http://www.kobeclinic-blog.com/?cat=22



是非、ご覧ください!



レーシックによる視力回復は 神戸クリニック
URL http://www.kobeclinic.com/




レーシック体験記 手術日から

いよいよ8月4日の手術日を迎えます。


検査日から4日後。


最速で手術可能な日程を選択しました。

適応検査後、検査結果を受け手術をするかしないか・・・

再度、考える時間が与えられます。


前述したように約2時間の適応検査を受診したからといって手術を受けなければならない

ということではありません。


この適応検査までは相談と検査が無料で受診できます。

詳細内容を知ってから再検討することも可能です。

迷っている方は是非、クリニックの門を叩いてください。



さてさて、手適応検査日から手術まであと4日となりました。

手術日4日前から眼の細菌を殺菌するために点眼薬を1日3回差さなければなりません。

そして前日のアルコールは控えること、睡眠をしっかり取ることを説明されていましたが・・・

遠足に行く前日のような気持ちになってしまいなかなか寝付けません。。。でした。

クリニックに出向いて受付後、すぐにドクターの診断があります。

これから問題なく手術を受けれるかどうかの最終判断となる訳です。

問題なく、パスするとあとは順番を待つのみです。


この時はやはり緊張が・・・ピーク!?とはなりませんが期待と不安が入り混じります。


緊張しすぎて不安な場合はドクターが緊張を和らげる薬を処方してくれるので安心ですよ。

この日は手術日に設定されていて手術される方ばかりが来院しています。


いよいよ名前が呼ばれて手術室へ導かれます。


まずは点眼麻酔を椅子に座って行います。

しばらくすると視覚がボヤっとした感じになってきます。

広い部屋に大きな機械が数台あってサポートスタッフが数人いるようですが

薄暗くなっていることと眼の感覚が鈍っているので良く分かりません。


手術用の椅子に横たわると天井に何故か・・・


ゲゲゲの鬼太郎!?

・・・の・・・

目玉のおやじ!!


の絵が描かれているのが見えます。

なんだかほっこりした気分になります。

しかし、両目は裸眼なのでうっすら見える程度のものです。


手術には2種類の機械を使用して行われます。

横たわった椅子は回転式で回転するとちょうど眼の位置に機械があります。


まずは瞼が閉じたり、瞬きが出来ないようにリングを眼にはめます。

あとはドクターの指示に従って動かないようにじっとしているだけです。

といっても眼は点眼麻酔でほとんど動かすことは出来ないので難しいことではありませんが

身体は何故か硬直しているようでした。


リラックス、リラックス!!


手術中は女性スタッフの方が手を握ってくれているので安心感が得られます。


実際に手術中は??


まず、レーザーを照射する前にフラップを作成します。

簡単に言えば表面の皮を一枚めくる様な感じです。

こちらの機械は眼に当てられるとほとんど真っ暗で何も見えません。。。

機械が静かに動いているだけで痛みも感覚もありません。

眼を動かさないようにするだけで特に気をつけることはないでしょう。

この機械で片目が2分かからないくらいでしょうか?もっと短時間かもしれません。


次はレーザーの照射のため椅子が30度か45度位回転されて隣の機械へ移ります。

レーザーの照射は青いライトが円形状に見えます。

その真ん中に赤いライトが1点見えるのでそこを見ているだけで終了です。

この機械は20秒の照射時間が必要です。


椅子の横たわった後、リングが眼に装着されてから両目の手術が終了するまで10分もかからなかったと思います。

実際にインフォメーションされている手術時間も「10分程度」となっています。


本当にその通りでした!!


驚いたことは片目のレーザー照射が終わった直後、次の眼に移行する時、既に天井のあの・・・


目玉おやじが!!??


はっきり見えるではありませんかっっ!!


思わず心の中で・・・

「なんじゃぁ、こりゃっ!!おいおいマジかよっ!うそだろっ!!」 と心のカで叫んでいました。。。

なんてことを感じていたらあっという間にもう一方の目も終了!!


手術中に喜びと感動で心臓がバクバク、、、ドキドキで心拍数ドアップでした。。。


終了後は薄暗い部屋に移動し、椅子に腰かけて15分から20分ほど眼を落ち着かせます。


そしてドクターの検診があってこれで終了です。


受付で点眼薬と注意事項の書かれた書類を受け取って帰宅の途につきました。

保護用メガネをかけて駅まで向かいますが、太陽の光で街が眩しく、点眼薬のせいで近くに焦点が合いません。

術後の感じ方、見え方には個人差はあるようですが、ほとんど痛みもなく、少しの違和感だけが残っていました。


正直な話・・・

眼がチクチクする感じはありました。。。


一晩だけの我慢です!!

が、テレビも見れない、読書も出来ない、PC画面も見れない・・・

そんな気持ちとは裏腹に特に疲れているわけではなかったのですが

ちょっとした緊張感が続いたせいか、ほっと一息ついたせいかやはり少し疲れました。。。

なので手術当日は早々に帰宅し、夕方2時間ほどベッドに横になって休みました。


髪の毛は洗えない、、、洗顔も出来ない、、、

首から上にはシャワーも出来ないので身体だけ簡単に汗を流して

夜はゆっくり、たっぷり睡眠を取るだけになりました。


もちろん、寝る前には点眼薬を忘れずに!!

そして、翌日の検査に向かうのです。


今日現在、術後55日目です。


1週間、1か月検診とも終了し視力も安定しています。

ただ、ドライアイが続いているので点眼薬は欠かせません。

また、3か月検診を迎える11月まではもう1種類点眼薬を1日3回差す必要があります。

今のところ視力の戻りもなさそうなのでこのまま落ち着きそうです。おそらく。。。

視力の戻りがあっても再手術が無料で受けれるので心配はありません。


レーシック!


迷っているなら受けた方がいいですよ。

大げさかもしれませんが、人生が変わると思います。

視力のいい方には中々理解してもらえない、この辛さ。。。

コンタクトレンズやメガネに煩わしさを感じていない方は辛くはないかもしれませんが。


時間にも余裕が出てくるし、自信が何故か持てるようになりました。

レーシック手術によって世界観まで変化していくかもしれません。


クリニックに行ったときにお子様連れの女性、学生と思われる若い方、

ご年配の方など年齢を問わず多く方が受診されていました。


やはり・・・

もっと早くレーシックをしておけば・・・


と感じたことは言うまでもありません。

視力回復を検討されている方に今回、自分が体感したことが少しでも頭の片隅に残るように。。。

興味のある方はご一報ください。

無期限のご割引きご紹介カードがありますのでお送りいたします。


神戸クリニック
URL 
http://www.kobeclinic.com/


特に異常なし

今日の定期健診では・・・



特に異常なし!!




でした。。。



視力は


右目 ・・・ 1.5

左目 ・・・ 1.5


両目 ・・・ 1.5



よく見えています!!


見えすぎです!!



まだ、術後1ヶ月なので安定はしていないようです。



また、ドライアイになっているので



ほんの少し・・・



チクチクしたりします。。。



ドライアイ用の目薬を使えば



問題なしです。



今回、左目がドライアイの影響で少しだけ傷があるようです。



手術とは関係ないのでこれも問題なし!



だそうです。



タイミングよく目薬を使用していれば違和感も何もないかな!



裸眼快適生活32日目!!です。。。




1ヶ月の

定期検診で三宮へ向かいます。


気がつけば・・・・


レーシック手術をしてから1ヶ月が経過しました。


裸眼生活が当たり前になってきたものの


快適さを毎日変わらず実感しています。

レーシック体験記 検査日

レーシック手術が出来るクリニックや病院は日本全国に多くあるようです。


インターネットで「レーシック」と検索すれば多くの情報が瞬時に手に入るこのご時勢。


 ちょっと調べてみるとその術式も多くあり


どこのクリニックでも全ての術式対応が可能という訳にはいかないみたいです。


レーシックといっても術式によって使用される機械も異なるようですね。


となると何を選べばいいのか・・・

どこのクリニックがいいのか・・・


全くわかりません。


これは術後になって気になった部分です。


しかし、こんな心配も最初からしなくて良かったのが今回お世話になった


神戸クリニック さんでした。

神戸クリニックホームページ
URL http://www.kobeclinic.com/
モバイル版はこちら
URL http://m.kobeclinic.com/

当初、不安なことはたくさんありました。

金額のこと 手術までの準備

準備期間中の諸注意 多数ある術式について・・・

と。。。


その前に・・・

そもそも

「自分の眼はレーシックを受けることが可能なのか?」

「手術をすれば誰でも視力が回復するのか?」

「術後に視力低下はないのか?」

「保障は?」

聞きたいことが山盛りです。。。


まずは・・・


クリニックに赴き、簡易検査含めて2時間弱の説明を受けてきました。

術式には・・・

・ アイレーシック(iLASIK)
・ イントラレーシック(Intra LASIK)
・ ピーアールケー(PRK)
・ エピレーシック(EPI-LASIK)
・ オプション カスタムビュー(Custom vue)
・ フェイキックIOL
・ イントラ角膜リング(ICRS)

上記の中で一般的な術式とその方法についてパンフレットを見ながら


書き込みながら分かりやすく説明してもらえました。


やはり・・・ 誰でも希望の術式が適応するとは限らない!!

ということでした。


そしてこのクリニックは


使用する機械、術式によって金額差がないのも特徴で気になっていたことのひとつ。


それは・・・


レーシックの手術で全ての術式において、全ての人に対して術後のアフターケアとして


トータル的にケアサポートしていくことを挙げられました。


いわゆる生涯に渡り、ケアしてくれるというものでした。

・近視の戻りについて
もし、手術後に視力が落ちても追加矯正、再治療には費用はかからない。

・術後の不安を解消
手術後の検診、相談には費用はかからない。

・合併症治療対応
手術後の合併症治療には費用はかからない。

そして花粉症やドライアイに対応可能な場合は無料で診察、治療もしてくれるとのことでした。

上記、3つのケアとプラスアルファーが手術料金に含まれているそうです。


このアフターケアと保障制度はクリニックによって異なるようで どこのクリニックで手術をするか・・・


の大事な判断のひとつになりますね。



次に簡易検査が出来るということで ついでといっては何ですがお願いしました。


1Dayのコンタクトレンズを外し、今度は女性の検査員に導かれて。。。


そんなに時間はかかりません。


いくつかの機械を使い数十分で終了。


結果は

「全てのレーシック手術に適応されていますね。」

「あくまでも現段階ですが。」

「次の適応検査でより正確な結果が得られると思います。」

とのことでした。


この時点で個人的にひとまず



iLASIK



を最有力候補として挙げ、次の適応検査に望んだわけです。


そして適応検査まではソフトコンタクトレンズは1週間


ハードレンズは2週間以上外しておかなければなりません。


7月のアクロスキャンプ終了後の


月曜日から1週間の見えにくい裸眼生活を始めました。


適応検査予約日は



8月1日



2時間程度と結構な時間がかかります。

「検査日当日は十分な睡眠と前夜のアルコールは控えて・・・」

なんて言われましたが、変に緊張して寝付けません。


でも、なんだかんだ6時間も寝れたので。。



検査当日は瞳孔を開く散瞳薬を使うのでマイカーは禁止。


その言葉が帰宅時に良く分かります。。。


遠くは多少見えても近くはぼやけて見えず


室外に出ると太陽の明るさが眩しく感じます。


と、話はそれましたが、検査項目は・・

1. 高次収差の測定(近視・乱視・遠視以外の微妙なピントのズレを機械で測定)
2. 屈折度数の測定(近視や乱視、遠視の度数を器械で測定)
3. 角膜径の検査
4. 眼圧の測定(目の固さを器械で測定)
5. 視力検査(遠方・近方)
6. 利き目の検査
7. 角膜形状解析 コンタクトレンズの影響や円錐角膜などの角膜異常がないかなどを撮影
8. 角膜内皮細胞数の測定
9. 瞳孔径測定
10. 角膜厚測定

ホームページより抜粋
上記をはじめ他にも検査項目があります。


終了後、カウンセラーが結果報告と今後について個室で説明をしてくれます。


結果は・・・

「どのレーシックの術式でも大丈夫です。」


と、この検査結果を受け、実際に手術をするか、それとも止めるか・・・


この段階で判断が出来るわけです。


適応検査を受けたからといって絶対に手術を受けなければならない という訳ではありません。


他のクリニックは分かりませんが・・・


この検査結果を受け


私は・・・

「iLASIKで!」

「今から一番早い手術日でお願いします。」

と、迷わず即答していましたけど。



それにはやはり理由があり


説明の中で


「視力に関するトラブルは一生涯、あなたの眼をサポートしていきます。」


これで私は決めました!!


勿論、この言葉は私だけに伝えられた表現ではないことくらい分かっています。


商品説明をされる方は誰もが購買欲を掻き立てるよう仕向けるものです。


大切なのは知識と裏づけされた理論説明、そしてその言葉に嘘がなく


それを実現、対応できるハード面を備えているか。


当たり前に重要なこと。


そしてなんといっても・・・


決め手は・・・



ホスピタリティ!!



でしょう。



それを感じていたから踏み切れたのでしょう。


手術日は



8月4日



次はこの検査日後からお贈りします。


神戸クリニックホームページ
URL http://www.kobeclinic.com/
モバイル版はこちら
URL http://m.kobeclinic.com/






レーシック体験記 プロローグ

コンタクトレンズと眼鏡を使い続けて20年・・・


振り返るとなんと長い・・・


視力が低下しはじめたのは高校2年生の春だったかな!


これまでは

右目 ・・・ 1.5

左目 ・・・ 1.2


の視力でした。。。


緩やかに・・・

気が付かない内に・・・

徐々に・・徐々に・・・・・


早朝から夜遅くまで白球を追い続けて走り回った高校球児時代。


夕方の薄暗い空。ボールが見えにくくなっていた。


今でもはっきりと思えているなぁ。


ボールが見えにくくて、怖くて・・・


遅刻して眼科に1日だけ通ったこともはっきりと覚えている。


「通院すればすぐに回復します。一時的なものですから」

と担当医が。


当時、入学した東洋大姫路高校の野球部は140人弱。

そんな中でベンチ入りできるのは・・・


たったの 15名(当時は少なかった)


頻繁に通院して部活を休むことはベンチに入ることが困難に。。。


まして学校を休むあるいは遅刻して通院するという選択肢も考えになかった。


と、応急措置的な考えでコンタクトレンズを迷わずチョイス!


そして今に至る。。。


スノーボードを始めてから滑走中にコンタクトレンズがズレたり、外れてゴーグルの中に落ちる・・・


なんてことも多々あった。


特に・・・



テクニカル選手権大会のロングターン種目で2ターン目に右目のコンタクトレンズが外れ

5ターン目で左目のコンタクトレンズが浮いてしまったときには焦った。


まぁこんな感覚を常に想定しながら滑走していかなければならない!


と、思っていたので特に問題視してはいなかったかな。


当たり前だったから・・・


でもコンタクトレンズを紛失しては困るので常に1セットはポケットに


しのばせていたことも事実だけど。


って視力が回復したからこそ色々と思い出される不具合・・・


書き始めればキリがなくってしまうね!!


何が切っ掛けだったのか・・・??


何故かレーシックが気になり始めてWeb上でつぶやいた内容に


すぐさま反応してくださった神戸にあるサーフ&スノーボードポロショップのオーナー様。


その言葉にあれよあれよ、というまに即レーシック手術決断!!


そして決断から2週間後に手術をしたわけです!


自分でも予想外に早い展開で進んでしまったことに驚きもあったりして。。


そして今日で裸眼丸見え生活 13日目 となりました!


次回はレーシックの説明と検査等についてお贈りします!

条件解除

2010081022470000.jpg
視力矯正によって


視力が回復したため・・・


行ってきました!


免許証の条件解除手続き。


書類を書いて

視力検査するだけで OK です!


大型免許を所持しているため


深視力検査も必要でした。

2010081114050000.jpg
こんな感じで免許証に裏書きされます!


これで運転中は伊達メガネも必要なし!


になりました!

眼の保護

2010080609330000.jpg
術後4日目になりました。


経過は順調。


特に違和感も痛みもなく快適生活です。


しかし眼のケアと保護はしっかりしないといけません。


クリニックからいただいた保護用メガネが大活躍です。

| 1/2PAGES | >>


twitterやってます

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    携帯サイトはこちら

    QRコード

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    最近の記事

    最近のコメント一覧

    カテゴリー

    過去の記事

    最近のトラックバック一覧

    「THE H-STYLE」の
    過去記事を検索

    RSS


    |プロフィールブログNews&イベント情報スケジュールプライベートレッスンオンラインショップお世話になっているみなさまトップページへ

    ※当ホームページはボランティアスタッフで運営されています。細心の注意は払っていますが、記載ミスや言葉の足りなさで事実と異なる場合があっても「中尾弘」は一切の責任はおいませんので、あらかじめご了承ください。
    ※このサイトの内容の転載はご遠慮ください。



    Copyright (C) 2007-2009 Nakao-Hiroshi.com All Rights Reserved.